〜10月度事務局便り〜          このページを印刷
 会員の動き
1)10月度の新入会員
村田令子さん 横浜市都筑区北ブロック
矢野宣興さん、和子さん 平塚市湘南ブロック
2)会員数
ブロックH29年3月末H30年3月末H30年10月末対30年3月末
横浜北186177174-3
横浜中央 80 68 69+1
横浜西192190194+4
湘 南 73 75 77+2
合 計531510514+4

 10月度時間預託
1)ナルク横浜合計
  提供活動生 活
アドバイザー
事務所当番等提供合計点数利用合計
時間5984564356
人数1041011528

2)ブロック別時間
ブロック提供活動生 活
アドバイザー
事務所当番等提供合計点数利用合計
横浜北15821179
横浜中央84139712
横浜西3181132937
湘 南 3838 0

 10月度運営委員会報告(10月24日、みなくるで開催)
【 運営委員会の議事のうち連絡事項 】

 時間預託システムについて、スペインと交流

 ナルク本部の紹介で10月18日、スペイン人のパブロ・ジローニ夫妻がジャーナリストの工藤律子さんと一緒に、ナルク横浜の事務所を訪問されました。
 スペインでは2008年の世界的な金融危機から始まる経済危機により、失業率は高いそうです(2012年の失業率は25%、とくに25歳以下の若者は50%)。その対処法の一つとして、お金が無くても生活できるように、時間を介在させた人間の繋がりに着目して、「時間銀行」が盛んになっています。また、工藤さんは2012年以降、スペインの時間銀行についての取材を続けており、「雇用なしで生きる」との著作もあります(岩波書店、2016年)。今回は、通訳を兼ねての同行でした。
 スペインの時間銀行は、若い人がお金がなくとも生活するためにスタートし、そのため、時間を流通させることが前提の仕組みです。一方、ナルクは「自立・奉仕・助け合い・生きがい」の理念が示すように、ボランティア活動を通じて、中高年の生きがい作りを目的として発足しています。ナルクの時間預託点数は貯めるもの、貯まるものです。
 スペインとナルクの時間銀行(時間預託)システムはかなり違いますが、これからのナルクにとっては、スペインの手持ち時間を使いやすくする柔軟な考え方、工夫が参考になります。

事務所のシュレッダーを更新

 従来機の故障が頻発し、ついに修復不能になったため、10月中旬に従来機のバージョンアップ機と入れ替えました。外形寸法は同じですが、裁断枚数、速度ともに約20%アップしています。
事務局便りバックナンバー
29年4月度29年5月度29年6月度29年7月度29年8月度29年9月度
29年10月度29年11月度29年12月度30年1月度30年2月度30年3月度
30年4月度30年5月度30年6月度30年7月度30年8月度30年9月度
会 員 専 用 ペ ー ジへログイン
*ログインには IDとパスワードが必要です、お問い合わせはメールでお願いします。
トップページへもどる