〜4月度事務局便り〜
 会員の動き
1)4月度の新入会員
阿部裕之さん横浜市保土ヶ谷区中央ブロック
2)会員数
ブロックH29年3月末H30年3月末H31年4月末対30年3月末
横浜北1771651650
横浜中央68 64 65+1
横浜西1901921920
湘 南 75 76 760
合 計510497498+1

 4月度時間預託
1)ナルク横浜合計
  提供活動生 活
アドバイザー
事務所当番等提供合計点数利用合計
時間5678565244
人数1171212925

2)ブロック別時間
ブロック提供活動生 活
アドバイザー
事務所当番等提供合計点数利用合計
横浜北1564119712
横浜中央6621878
横浜西3042332724
湘 南410410

 4月度運営委員会報告(4月28日、みなくるで開催)
【 運営委員会の議事のうち連絡事項 】

平成30年度末の会員数は497人、4年振りに500人を下回る

 年度初めの会員数510人が、年間で13名退会し497人となりました。入会者は前年と同じ27名で、退会者が前年より8名少ない40名だったとはいえ、依然、高い水準が続いています。
 退会された主な要因は、高齢化による死亡や施設への入所であり、こ傾向は今後継続すると予想されます。このため、新会員の入会促進策が重要であり、今後とも運営委員会では、具体的な実施計画を立案して、着実に実行して行くものとします。

第25回、定時総会議案書案を審議

 事務局が提案した議案書に対して、参加した委員全員から様々な意見や提案がありました。例えば、以下の項目が挙げられます。
・内容を充分検討するためにも、事前に資料を配布してほしい。
・前年度の活動方針の執行状況を、 項目ごとに説明すべき。少なくとも定時総会では 口頭ででも報告してほしい。
・計画と実績の乖離要因の検討は、総会ではなく運営委員会が相応しい。
・会員はボランティアとして参加しているので、執行部に過大な負担をかけることは避けるべき。
・ボランティア団体とはいえ、NPO法人としての自覚を持ち、計画の立案、実行と運営にあたるべき。
 最終的に、議案書案は原案とおり承認されました。 会員には5月の連休明けに配布します。