〜1月度事務局便り〜
 会員の動き
1)1月度の新入会員
矢野泰正さん横浜市旭区西ブロック
2)会員数
ブロックH31年3月末R2年3月末R3年1月末対R2年3月末
横浜北165156147-9
横浜中央64 63 59-4
横浜西192180164-16
湘 南 76 76 84+8
合 計497475454-21

 12月度時間預託
1)ナルク横浜合計
  提供活動生 活
アドバイザー
事務所当番等提供合計点数利用合計
時間1156417957
人数222922

2)ブロック別時間
ブロック提供活動生 活
アドバイザー
事務所当番等提供合計点数利用合計
横浜北47428910
横浜中央3948
横浜西1120
湘 南2022

 1月度運営委員会報告(1月23日「ぱれっと旭」で開催)
【 運営委員会の議事のうち連絡事項 】
【緊急事態宣言下の運営委員会開催の可否について】
 1月8日から2月7日までの緊急事態宣言が発令されました(その後、3月7日までに延長)。昨年は緊急事態宣言発令に加え、公共施設の貸室が全面的に中止されたため、3月?5月の運営委員会を中止しました。
 今回は貸室の収容定員こそ半減しているものの、幸い中止にはなっていません。運営委員会は、定時総会に次ぐ拠点の最重要機関であり、可能な限り開催していきたいものの、新型コロナ感染症に伴う緊急事態宣言についての、各位の受取り方は一様ではありません。1月度の運営委員会で、改めて各委員と意見交換を行いました。
 その結果、委員会の開催に反対の強い意見は出ず「マスク着用、体温測定と三密回避」を励行して、運営委員会を継続して開催することにしました。併せて、事務所内のほっとサロンを利用する際、水分補給と距離を保っての昼食以外、飲食はしないことを確認しました。
 なお今後、会議の開催や会員交流には「デジタル化・リモート化」が進むと考えられるので、ナルクの”高齢世代もその習得が必要になる”との指摘がありました。今後の課題です。