〜12月度事務局便り〜
 会員の動き
1)11月度の新入会員
河辺清司さん、信子さん 横浜市青葉区北ブロック
2)会員数
ブロックH27年3月末H28年3月末H29年12月末対29年3月末
横浜北177186186
横浜中央 73 80 75-5
横浜西187192191-1
湘 南 68 73 75+2
合 計505531527-4

 11月度時間預託
1)ナルク横浜合計
  提供活動生 活
アドバイザー
事務所当番等提供合計点数利用合計
時間6005065051
人数1051411925

2)ブロック別時間
ブロック提供活動生 活
アドバイザー
事務所当番等提供合計点数利用合計
横浜北1872120811
横浜中央919111016
横浜西28829724
湘 南 3435 0

 12月度運営委員会報告(12月27日、みなくるで開催)
【 運営委員会の議事のうち連絡事項 】

運営委員懇談会(12月2日)のまとめを報告

 平成29年度に入って、ナルク横浜の会員数は減少し始めています。ただ時間預託点数は増えており、活動収支も黒字を計上していますので、運営委員会では危機感を共有することなく、毎月が過ぎています。そこで、決まった月例の委員会で当面の議題を審議するだけでなく、特定のテーマを徹底的に議論する懇談会の開催を7月に提案しました。8月には各ブロック推薦の6人の準備委員を決め、代表、事務局長も加わり準備を始めました。
 懇談会では「会員数拡大のために何ができるか」をテーマに、ブレインストーミング方式で実施することとして会合を重ねました。 12月2日(土)の本番では、参加した運営委員が2チームに分かれて 
1, 今、ナルク横浜で何が起こっているか
2, なぜ会員数の拡大ができないのか
3, 会員拡大のために何ができるか、の順序で討論しました。
 当日はチーム別の発表までを行い、全体のまとめは準備委員に委ねました。準備委員は、発表された多くの提案を集約して、12月度運営委員会で報告しました。今後は平成30年度の活動方針、運営体制作りと並行して「何を誰が担当して取り組むか」を決めて、実施していかなければなりません。